9月 28日

職場を活性化するための研修!?転職者を出さないための環境作りは人の改革から

新入社員研修といった必要不可欠な研修もある

社員研修の目的とはそれぞれの階層で違います。新入社員が入った来た時におこなう新人研修では、初めて社会人となるために社会人として当たり前のマナーについて指導をおこないます。挨拶に始まり、名刺交換、電話の受け方やかけ方といったこれから社会人として生活する上で必要な実務レベルの研修がメインになることが多いです。そのため中小企業であれば社内で研修を実施することが難しく、例えば商工会議所でおこなっている新人研修に参加させる等の対応をしているところもあります。多くの企業でこの新人研修はおこなっています。

よきリーダーの存在が職場の活性化に繋がる

一方で一般社員が主任や係長になった際にはリーダー研修であったり管理職研修を実施する企業が多いです。このような人達が初めて部下を持って仕事を勧めていく上で、リーダーの役割、また意識改革も含めて研修を実施します。これはリーダー向けの研修ですが、これによりリーダーとして育ってくれることでその部下の社員も育ち、また部下の社員もリーダーとして認めることで仕事がスムーズに進めることができ、敷いては社内の活性化に繋がります。そういう意味でも管理職に対する研修も重要な位置を占めています。

長く働いてもらえる環境

ところが昨今、実力主義といった制度の導入で転職も多くなり、社員に研修しても退職されたら投資費用が無駄になると考えて研修をしない企業も多くなっています。しかし、職場の雰囲気がよく仕事がやりやすいのであれば転職せずに働き続けてくれる人もいます。そのような社員を多く作るためにも社員研修は重要な位置を占めていると言えます。

マネジメントゲームは、参加者が模擬的に会社経営を行い、決算や計画立案を学ぶ実践的な研修プログラムです。