9月 29日

大儲けできる?ビットコイントランザクションとは

ネット上で取引される商品

インターネット上で知名度の高い金融商品といえばビットコインです。巷でも徐々に知名度を上げているもので、実際に日本政府が資産的価値のあるものと認めています。そんなビットコインはインターネット上にある取引所を利用して売買が可能です。

トランザクション(取引)を行う時は、まずウォレットを作成して入出金が出来るようにします。すべての取引はビットコインネットワークに参加している人間に公開され、発行元まで遡った履歴を閲覧できるのです。

基本的にビットコインは現物のない商品なので現金のように、実際に対面して紙幣や硬貨を渡すことができません。取引記録だけがパソコン上の記録され、ブロックチェーンと呼ばれる技術により公開されている元帳に記録している商品です。

実際に取引する時はどうするのか

ビットコインを送金する時はビットコインアドレスと秘密鍵が必要です。アドレスはランダムな英数字になっているもので、秘密鍵はアドレスとは別の英数字列を使います。自分のウォレットからビットコインを他の方に送金した時に採掘者に取引が承認されると、取引の元帳に記録されるシステムです。

上記の手段により取引は完了しますが、基本的に採掘者の承認が成立しないので採掘までに時間がかかる場合もあります。ビットコインのプロトコルだと採掘時間は約10分の設定です。

ネット上にある取引所の他に交換所と呼ばれるものも用意されています。個人同士でビットコインのやり取りを出来るので売買する時に使えるでしょう。

ビットコインでFX取引は可能で、通常の通貨のFX取引よりも仮想通貨のビットコインのFX取引の方がより高い利益を得られるチャンスがあるので人気があります。