10月 26日

美容師になるためには、専門学校に行かなければならないって本当!?

美容師になるためには、何が必要?

美容師になるためには、厚生労働省が指定している美容学校を卒業し、国家資格である美容師免許を取得しなければなりません。この国家試験は、年に2回実施され、筆記試験と実技試験があります。美容学校は、全日制の場合は2年間通わなければなりません。通信制の学校もあり、その場合は、3年間となります。全日制には、昼間課程と夜間課程があります。

専門学校は、全日制が良い?それとも通信制?

美容師の専門学校には、全日制と通信制がありますが、それぞれにメリットがあります。全日制では、国家試験に合格するための対策やコツなどを詳しく教えてもらうことができます。もちろん、実習の授業もありますので、実技に関しても心配はありません。一方、通信制のメリットは、美容院で見習いとして働きながら、美容師としての資格を得ることができます。プロの技を間近で見ることができますし、試験に合格した後の就職にも有利です。

専門学校の賢い選び方は?

オープンキャンパスや、体験入学などを実施している専門学校も多いので、実際に学校に行ってみて、自分に合っているか、雰囲気などを確認することができます。その学校の卒業生の就職先に関する情報もチェックして、自分が希望している就職先に就職できそうかも調べておきましょう。また、国家試験に合格しなければ、美容師になれませんので、国家試験の合格率も学校選びの大きなポイントになります。その他、先生のレベルや質なども判断する材料の一つになるでしょう。以上のように、総合的に判断してみて、美容師になるという目的を叶えるための最善の学校を選べると良いですね。

美容の専門学校は、美容についてプロが丁寧に教えてくれる学校です。美容師やエステティシャン、ネイリストなどさまざまな職について学べます。