10月 26日

親として心配な不登校!気になる不登校の原因とは?

世の中でも不登校は少なくない!

親としてわが子が不登校になってしまうと不安になってしまうことが多いですが、最近では不登校になってしまう子供は少なくありません。そうしたこともあり、テレビや新聞などのメディアでは様々なことが言われています。しかし本当の不登校になってしまう理由はどのようなものがあるのでしょうか。そこで今回は不登校になってしまう理由を、ご紹介していきたいと思います。

周りにうまくなじむことができない。

不登校になってしまう理由に、学校のみんなとうまくなじむことができないという点があります。学校ではクラス制の場合が多く、クラス替えがない場合を除いて一年間同じクラスの仲間と過ごさなくてはなりません。クラスが変わったときにうまくなじめれば良いですが、失敗した場合はその後もうまくなじむことができず一年間苦痛になったしまうこともあるのです。その結果、不登校になってしまうという場合があります。しかし周りにうまくなじむことができないからといってダメというわけではなく、無理になじむ必要はありません。特に親御さんは、その点をきちんと理解しておきましょう。

いじめが問題である場合も。

多くの人々は不登校の理由は、いじめであると思う方が多いのではないでしょうか。たしかにいじめが不登校の理由である場合は多く、学校でも対策に追われています。しかし子ども同士のことというのは大人が考えているよりも複雑で、繊細な側面があるのです。大人はどうしても実情を把握していないので子どもに対して無責任なことを言ってしまいがちですが、まずはむやみに無責任なことを言わずに大人が子どもの味方であることを教えてあげてください。そうした上で、子どもに必要な支援をしてあげましょう。

学校の環境に馴染めない、勉強をしたくないという理由や、親からの暴力で傷が見えて行けないなど、不登校になる理由は様々です。