10月 26日

運用経験がない人は?いくら拠出するといいの?

資産運用はどうやって行えばよいか

日本では、あまり資産運用のための教育が行われていません。海外では学校などでも行われているようです。そのため、余裕資金があると銀行預金に預けたままになっている人が多いとされています。iDeCOは、個人型確定拠出年金と言われ、自分で拠出をして将来の老後資金を積み立てて運用する仕組みです。どうしても資産運用の仕方を知る必要があります。まず積立てられるお金と老後にどうしたいかを考えましょう。すると準備できるお金と必要なお金が見えてきます。その差を運用で埋める必要があり、それが可能な商品選びをしていきます。準備したお金と将来必要になるお金の差が小さいならコツコツ貯められるタイプが良いでしょう。差が大きいなら、積極的に増やすタイプが良いと言えます。

ライフプランに合わせた積立と運用をする

人によって、これからのライフプランは異なります。社会人になりたての人もいれば、小さな子供がいる人、もう少しで定年を迎える人、既に老後生活に入っている人もいます。iDeCOは個人型確定拠出年金制度なので、60歳以上の人は加入できません。また、もう少しで定年を迎える人もあまり利用価値はないかもしれません。少なくとも10年以上積み立てられるなら、それなりに意味のある利用ができるでしょう。この時は、ライフプランを意識しながら拠出額や運用を考えます。社会人になりたての人は、老後だけでなく結婚や子育て、住宅費用なども必要になります。あまり拠出額を増やし過ぎるのはよくありません。子供が自立した家庭なら、老後資金のために積立を増やす選択肢が出てきます。

iDeCOとは個人型確定拠出年金で、月々の掛金を金融商品で運用するものです。老後の公的年金だけでは不安と思っている方にはお勧めです。自分の意思で将来の生活に備えましょう。